A&S グリーンフルーティEXVオリーブオイル

製品特徴

日本初上陸! 先祖5代続くオリーブ農家に育った姉妹が五感をフルに使い、品種、栽培方法からフレーバーまで、こだわり抜いて作ったエクストラバージンオリーブオイルが完成しました。他ではない独自のフレーバーがあなたの味覚を刺激します。高ポリフェノールで、ヘルシーとグルメを両立する健康的で贅沢な一品です。

 

A&S社の《グリーンフルーティー》オイルは完熟前の若いオリーブの実を絞った青々しい味のEXVオリーブオイル。辛さ・フルーティーさが際立ちます。

チュニジア北部に育つシェトウイ種独特の辛味とフルーティー、ミントのフレーバーも微かに漂う複雑なハーモニーを奏でる、個性的なオリーブオイル。小規模な生産者だからできるユニークな味をお楽しみいただけます。

 

・今までのオリーブオイルでは飽き足らない方

・ビターでスパイシーな味が好みなオリーブオイルマニアな方

・お料理のマリアージュを楽しみたいグルメな方

・高ポリフェノール(800mg/kg)のオリーブオイルを摂りたい方にもおススメ!

 

ヘルシーとグルメを両立する健康的で贅沢なオイルをお届けします。

 

同じ農園で育った完熟度の違うシェトゥイ種のオリーブを使い分ける事により、2種類のフレーバーのオリーブオイルの製作に成功しました。5代続くオリーブ農家の伝統と、先祖から受け継いだ遺伝子と武器に ”オリーブ姉妹” ならではのフレッシュで個性的なオリーブオイルをお楽しみください。A&S社のもう少しマイルドな辛さの《マチュア》との食べ比べもお勧めです。

辛み、苦味を試してみたいビギナーの方はまず、<マチュア>から試されるのをお勧めします。<マチュア>の辛味&苦味に慣れて、さらに刺激的なオリーブオイルにチャレンジしたい方は、<グリーンフルーティー>にトライ! 小規模、手作業、手作りで作られるこだわり逸品ををお楽しみください。

【数量限定販売】

【キャップ開封時の注意:白いビニールの下半部はつけたままで、キャップを開封してください。】

オリーブ品種|シェトゥイ
香りの特徴|辛み、苦味、フルーティー、深み、ミントフレーバー

内容量 250ml
生産国 チュニジア
風味・色 色はグリーンかかった黄色。味はパンチのある辛さと苦さが強めで、フルーティーさも感じられる絶妙なバランスで絡まりあう風味豊かな個性的なオイル。
酸度 酸度:0.39 % (過酸化物価:6.00 meq/㎏)
製造方法  手摘み・コールドプレス・自社農園・自社搾油所
A&S社受賞歴 ・ BIOL (オーガニックEXVオリーブオイルコンテスト)2018銀賞
・ IOOC (ロンドン国際オリーブオイルコンテスト)2018金賞
NYIOOC  (ニューヨーク国際オーガニックオリーブオイルコンテスト)2018金賞, 2019銀賞
オリーブジャパン2019 銀賞
ONH 2019銀賞、2020金賞
料理方法 ・ドレッシング、マリネの他、シンプルにパンに付けて食べるのもおすすめ。

・バルサミコ酢と一緒に、ホウレンソウ、ケール、山羊のチーズ、松の実等のサラダにもよく合います。

・シンプルなパスタや野菜、魚に単独で使うと苦味や辛みが際立ちます。

・ハーブや辛みのある青菜のサラダ(ビネガーとかハーブソルトもおすすめ)やこってりした肉料理やブルーチーズなどの、強いお料理とあわせると、お料理のマリアージュが完成し、シェフの味に!

・お肉やお魚の臭みを和らげるのにも重宝します。

・加熱して使うと苦味や辛みが減り、フルーティな香りが残ります。(辛さや苦さを抑えたいお料理には軽く加熱がおすすめ)

輸入方法 チュニジアの農園より空輸便で直輸入
賞味期限 2021年5月末
保管方法 直射日光・高温を避け、暗所保存

【キャップの開封方法について】キャップ部分についている、白いビニールは取っ手の細いひもをとった後、上部のキャップにかぶさっている部分、下の部分とも外さない。その白いビニールの上から、輪ゴムをキャップの部分にぐるぐる巻きにして滑り止めにして、開封。

 

成分表示

栄養成分表示(15ml)
熱量120Kcal たんぱく質0g
脂質2.9g 炭水化物0g
食塩相当量0g

品種

Chetoui <シェトゥイ種>

A&S社が育てる、シェトゥイ種のオリーブはシェムラリに次ぐチュニジアで2番目に多く栽培されている品種です。チュニジア北部は「金のオリーブ園」と言われ、海沿いや山谷の起伏のある自然豊かな地域で、太陽の光と温暖な気候のもとで栽培されている。

シェムラリ種より飽和脂肪酸の値が低いため、オイルはサラッとした印象。フルーティーでグリーンアーモンド、アーティチョークの強い香りと強い辛味と苦みを持つ特徴のある味がファンを魅了しています。グリーントマト、未成熟のバナナやアーモンドのような味と辛みが特徴的。

生産者

A&S 社<エーアンドエス>

チュニジアの首都チュニスから北部80kmに位置するマトゥール市で、先祖5代続くオリーブ農家で育った若い姉妹、アフェットとセリマ(Afet&Selima)が2人で2017年に起業したA&S社。先祖から受け継がれた9ヘクタールの土地にのシェトゥイ種の木を植えオリーブ栽培から始めました。

彼女達が作るシェトゥイ種のオリーブオイルは、非常にスパイシーで高品質。チュニジア北部のオリーブは有効成分のポリフェノールの一種であるオレウロペイン含有量が高いと言われています。

自家農園で栽培したオリーブをイタリアから輸入した機材を使ってコールドプレスで丁寧に搾油して作られるエクストラバージンオリーブオイル。

マトゥール市は小麦、菜種、オーツ等穀物栽培が盛んな農村地域で、生物多様性にも富み、野生の花、ハーブ、フルーツなども多くみられます。

この環境が、彼女達の作るオリーブオイルにミントやハーブの瑞々しい植物のフレーバーをプラス。ユニークで希少性の高いオイルの生産に成功しました。

A&Sの農園では保全農業も行っており、土壌への人的・機械的介入を最小限に抑えているため、あらゆる微生物が生きており、北部特有の生態系の保全にも貢献しています。

 

Segermes シェトゥイEXVオリーブオイル

製品特徴

オリーブの栽培から搾油、ボトリング、保管まで。
一貫管理でこだわって作られた、職人気質あふれる逸品オリーブオイル。

チュニジアのオリーブの中でも一番、ポリフェノール値が高いとされる品種「シェトゥイ種」のオリーブの実から絞った、フレッシュなエクストラバージンオリーブオイル。

オリーブ樹栽培が千年も前から続くサグアン地方はまさにオリーブの聖地。セジャメス社3代目のブセッタ氏が、栽培から搾油までを一貫コントロールしながら、丁寧に丁寧に絞り出して作るプレミアムな逸品です。

完成したオイルは空気に触れる事なく、専用の保管タンクへと充填されます。その自然のパワーあふれるフレーバーをぜひご賞味ください!

セジャメス キャンペーン実施中:ご購入者の方全員を2021/2/19開催:オンラインツアーへご招待。イベント詳細はコチラ>>> https://bio-arena.com/lineup/event2/

オリーブ品種|シェトゥイ
香りの特徴|辛みと苦味、フレッシュなフルーティーさのコントラスト

内容量 250ml
生産国 チュニジア
風味・色 シェトウイ種独特のスパイシーな味。青いトマト、未成熟のバナナやアーモンドのような味と辛みが特徴的。パンチの効いた個性的で、風味豊かなオリーブオイルを試したい方におすすめ。
酸度 0.19% /  (過酸化物価:2.16 meq/kg)
製造方法 手摘み・コールドプレス・自社農園・自社搾油所
受賞歴 ・BIOL (オーガニックEXVオリーブオイルコンテスト)2019, 金賞
・Mario Solinas Espagne 2019, Diploma
・London IOOC  (ロンドン国際オリーブオイルコンテスト)2019, Quality 金賞
・Tunisie(チュニジアオリーブオイルコンテスト) 2018, 金賞
・Olive Japan (オリーブジャパン)2018 金賞
オーガニック認証 EcoCert SA
USDA Organic
TN-BIO-001
FDA
Kosher
AB
Euro Leaf
料理方法 ドレッシング、マリネの他パンに付けて食べるのがお勧めで、バルサミコ酢と一緒に、ホウレンソウ、ケール、山羊のチーズ、松の実等のサラダにもよく合う
輸入方法 チュニジアより空輸
賞味期限 2022年5月末
保管方法 直射日光・高温を避け、暗所保存

【ボトルについて】 

オイルの酸化を防ぐため、空気が入りにくいキャップになっております。その為、使い始めは出にくい事がございます。その際は、① 使用前にキャップをしっかり閉めた状態で、オイルの瓶を一度さかさまにしてから戻し、 ②キャップを開けオイルを出して頂くと出やすいです。瓶の中のオイルが減ってくると、①をしなくても出るようになります。

 

成分表示

栄養成分表示(100ml)
熱量821Kcal たんぱく質0g
脂質91.2g 炭水化物0g
食塩相当量0g

品種

Chetoui <シェトゥイ種>

シェトゥイ種はシェムラリに次ぐチュニジアで2番目に多く栽培されている品種です。
主に北部の「金のオリーブ」と言われており、海沿いや山谷の起伏のある地域で太陽の光と温暖な気候のもと栽培されています。

 

シェトゥイ種のオリーブは苦味く、辛み成分のポリフェノール含有量が高い品種です。
シェムラリ種の実よりも飽和脂肪酸の値が低いためオイルはサラッとしています。

 

パンチのある辛さ、ビターなフレーバーの中にフルーティーさを感じるオリーブオイルです!
個性のあるオイルなので味の淡白なパスタや野菜、魚に単独で使うと苦味や辛みが際立ちますよ。

野菜の中でもハーブや辛みのある青菜のサラダ(ビネガーやハーブソルトなどに混ぜるのがおススメ)などの強めの味、こってりとしたソースやブルーチーズなどにもとても良く合います。

 

お肉やお魚のクセ(臭み)を和らげるのにも大活躍!加熱して使うと苦味や辛みが減り、フルーティな香りが残ります。

用途に合わせてそのまま生で使ったり温めて使ったりと、1本で様々な味の変化が楽しめるオイルです。

生産者

Segermes <セジャメス社>

 

チュニジアの北東部に位置する、農業地域ザグアン(Zaghouan)は千年以上も前からオリーブの木が栽培されている地域。
そのザグアンに300ヘクタールのオリーブ農園と搾油所を保有するシェジャメス社。その場所が14世紀ローマ時代には、セジャメス(Segermes)という地名であったことから、つけられた社名です。

 

オーナーのブセッタ氏の祖父がフランス人より土地を購入し、オリーブ農園を広げるために、土地を耕している中で、遺跡を発見!
円形の小さなキリスト教会や、伝統的なオリーブの搾油石などの遺跡が、ビザンチンローマ時代の歴史と伝統の面影残る、とても美しい農園です。

 

(ビオアリーナは、いつかこの美しい場所を日本の皆さんと一緒に訪れるツアーをしたいという野望を抱いております!笑)

 

セジャメスのオリーブ農園では、オリーブの収穫時期(11月~1月)になると、地元の女性が朝8時からオリーブの収穫を開始し、午後3時から搾油してオリーブオイルを作ります。
年2回(9月と2月)だけ灌水をして、それ以外は灌水をしないで育つシェジャメス農園のオリーブの木。必要以上に水を与えないことで、オリーブの香りが強くなるように育てています。

 

ザグアンの年間降雨量は、400-700mmと、まさにオリーブが自然に育つ絶好の環境なのです。

 


セジャメスのオリーブ農園には15,000本のオリーブ樹があり、チュニジアのオリーブの品種であるシェムラリ種、シェトウイ種、オレアオレアスター種を育てています。
そのうち300本は樹齢が150年の樹という事なので、この土地がいかにオリーブ栽培に適した環境かがうかがえます。

 

 

灌水を行わず自然界の厳しい環境の中でストレスに耐えて力強く育つオリーブ樹は、生命力が強くポリフェノール値が高いという研究結果もあります。セジャメス社のオリーブオイルのポリフェノール値が高いのも納得ですね。
同敷地内の搾油所でボトリングまで一貫して行いますので、フレッシュな搾りたてのオイルをすぐに瓶詰。新鮮で長持ちするオリーブオイルをお届けする事が出来るのです。

 

BIOL Italy、Mario Solinasなど数々の国際的なコンテストでの受賞歴を誇るセジャメス社、世界が認めた実力派生産者によるプレミアムなオリーブオイルをぜひご賞味ください♪