シェトゥイ種オイル2本組<マチュア&グリーンフルーティー>食べ比べセット

製品特徴

A&S社シェトゥイ種オリーブオイル2種類 食べ比べセット。小規模な生産者だからできるユニークな味をお楽しみいただけます。

 

同じ農園で育った完熟度の違うシェトゥイ種のオリーブを使い分ける事により、2種類のフレーバーのオリーブオイルの製作に成功したA&S社。5代続くオリーブ農家の伝統と、先祖から受け継いだ遺伝子を武器に ”オリーブ姉妹” ならではのフレッシュでパンチの効いた個性的なオリーブオイルをお楽しみください。

 

★《マチュア 》完熟したオリーブの実を搾油しました。色は薄い黄色。フルーティーながらも刺激的でパンチの効いたオイルです。ポリフェノール豊富なシェトウィ種のオイルを試して見たい方は、辛みがマイルドなこの<マチュア>をおススメ。

 

★《グリーンフルーティ》完熟前のオリーブを搾油。シェトウィ種の特徴である辛味は強く残っていて、苦味もあり。青々しいフレーバーのEXVオリーブオイル。辛さ・苦さ、フルーティーさが際立ちます。辛みがお好きな方、更に高ポリフェノールなオイルを試したい方におススメ。

 

【こんな方におススメ】

・今までのオリーブオイルでは飽き足らない方

・肉、魚の臭みが苦手な方(臭みを抑える効果あり)

・パンチのあるスパイシーなオイルの食べ比べを楽しみたい方

・お料理のマリアージュを楽しみたいグルメな方

・高ポリフェノール(800mg/kg <グリーンフルーティー>)のオリーブオイルを摂りたい方に!

 

ヘルシーとグルメを両立する健康的で贅沢なオイルをお届けします。

 

チュニジア北部に育つシェトウイ種独特の辛味とフルーティー、ミントのフレーバーも微かに漂う複雑なハーモニーを奏でる、個性的なオリーブオイル。先祖5代続くオリーブ農家に育った姉妹が五感をフルに使い、品種、栽培方法からフレーバーまで、こだわり抜いて作ったエクストラバージンオリーブオイルを生産するA&S社。フレッシュでスパイシーなフレーバーがあなたの味覚を刺激します。小規模、手作業、手作りで作られるこだわり逸品ををお楽しみください。

【数量限定販売】

【キャップ開封時の注意:白いビニールの下半部はつけたままで、キャップを開封してください。】

オリーブ品種|シェトゥイ
香りの特徴|辛み、苦み、深み、フルーティー、ミントフレーバー

内容量 250ml×2本
生産国 チュニジア
風味・色 シェトウィ種の特徴である辛味は強くフルーティながらも刺激的なオイルです。《マチュア 》《グリーンフルーティ》の違いは上記参照
酸度 0.39 % (過酸化物価:6.00 meq/㎏)
製造方法 コールドプレス
受賞歴 ・ BIOL (オーガニックEXVオリーブオイルコンテスト)2018銀賞
・ IOOC (ロンドン国際オリーブオイルコンテスト)2018金賞
NYIOOC  (ニューヨーク国際オーガニックオリーブオイルコンテスト)2018金賞, 2019銀賞
オリーブジャパン2019 銀賞
ONH 2019銀賞、2020金賞
料理方法 ・ドレッシング、マリネの他、シンプルにパンに付けて食べるのもおすすめ。・バルサミコ酢と一緒に、ホウレンソウ、ケール、山羊のチーズ、松の実等のサラダにもよく合います。

・シンプルなパスタや野菜、魚に単独で使うと苦味や辛みが際立ちます。

・ハーブや辛みのある青菜のサラダ(ビネガーとかハーブソルトもおすすめ)やこってりした肉料理やブルーチーズなどの、強いお料理とあわせると、お料理のマリアージュが完成し、シェフの味に!

・お肉やお魚の臭みを和らげるのにも重宝します。加熱して使うと苦味や辛みが減り、フルーティな香りが残る。(エキストラバージンオイルの加熱NGというのは世間の誤解だそうです。)

輸入方法 チュニジアより空輸便で直輸入
賞味期限 2021年5月末
保管方法 直射日光・高温を避け、暗所保存

【キャップの開封方法について】キャップ部分についている、白いビニールは取っ手の細いひもをとった後、上部のキャップにかぶさっている部分、下の部分とも外さない。その白いビニールの上から、輪ゴムをキャップの部分にぐるぐる巻きにして滑り止めにして、開封。

 

成分表示

栄養成分表示(15ml)
熱量120Kcal たんぱく質0g
脂質2.9g 炭水化物0g
食塩相当量0g
ポリフェノール 800mg/kg(*グリーンフルーティーの数値)

品種

Chetoui <シェトゥイ種>

A&S社が育てる、シェトゥイ種のオリーブはシェムラリに次ぐチュニジアで2番目に多く栽培されている品種です。チュニジア北部は「金のオリーブ園」と言われ、海沿いや山谷の起伏のある自然豊かな地域で、太陽の光と温暖な気候のもとで栽培されている。

シェムラリ種より飽和脂肪酸の値が低いため、オイルはサラッとした印象。フルーティーでグリーンアーモンド、アーティチョークの強い香りと強い辛味と苦みを持つ特徴のある味がファンを魅了しています。オイル自体も緑色が強く、グリーントマト、未成熟のバナナやアーモンドのような味と辛みが特徴的。

 

生産者

A&S <エーアンドエス>

チュニジアの首都チュニスから北部80kmに位置するマトゥール市で、先祖5代続くオリーブ農家で育った若い姉妹、アフェットとセリマ(Afet&Selima)が二人で2017年に起業したA&S社。先祖から受け継がれた9ヘクタールの土地にのシェトゥイ種の木を植えオリーブ栽培から始めました。彼女達が作るシェトゥイ種のオリーブオイルは、非常にスパイシーで高品質。チュニジア北部のオリーブは有効成分のオレウロペイン含有量が高いと言われています。

自家農園で栽培したオリーブをイタリアから輸入した機材を使ってコールドプレスで丁寧に搾油して作られるエクストラバージンオリーブオイル。
マトゥール市は小麦、菜種、オーツ等穀物栽培が盛んな農村地域で、生物多様性にも富み、野生の花、ハーブ、フルーツなども多くみられる。この環境が、彼女達の作るオリーブオイルの味にユニークなミントやハーブフレーバーの瑞々しい植物の味わいをプラス。A&Sの農園では保全農業も行っており、土壌への人的・機械的介入を最小限に抑えているため、あらゆる微生物が生きており、北部特有の生態系の保全にも貢献しています。